トップ 検索 一覧 差分 ソース ヘルプ RSS ログイン

Vistaのフォルダの種類判別を無効にする

Vistaのフォルダの種類判別を無効にする

Vistaではフォルダに含まれるファイルから、そのフォルダの表示に使うテンプレートを自動的に判断する。これの機能を無効にするメモ。

Vistaのこの機能は、使用者の意図にそぐわない場合が非常に多い。画像がいくつか含まれていれば画像フォルダと判断してしまうし、過去に.wmaファイルがあったフォルダはいつまでも音楽フォルダになっていたり。

問題をさらに悪化させるのは、この自動判別で設定されたテンプレートを変更するには、一々ダイアログを開いて設定し直さなければならない点だ。これがツールバーなどでワンタッチでできたなら、まだ救いがあった。画像のサムネイルは通常のアイコン表示でも縮小表示になるのだし、正直この自動判別機能は不要だ。

 設定方法

ネタ元の@ITの記事では、以下のようになっている。

  1. HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\ 以下の、BagsとBagMRUを削除する。
  2. 再起動する。(デフォルトの値が復元される)
  3. HKEY_CURRENT_USERの\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shellのキーを掘る。
  4. 掘った場所に文字列値 FolderType="NotSpecified" を設定する。

しかし、値の削除→再起動→作成の手順は面倒なので、以下のような.regファイルを用意し、一気に登録してから再起動してみた。

Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\BagMRU]
[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags]
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell]
"FolderType"="NotSpecified"

今後また使いそうなので.regファイルそのものも用意した。vista_folderview_fix.7z(1428)

ただし、筆者の環境では、スタートメニューから再起動を選択しシャットダウンしている間に、若干おかしな挙動が見られたので注意されたい。なにかエラーメッセージのようなものが表示されていたようなのだが、一瞬なので読み取れなかった。再起動が完了してからは、特に問題は発生していない。

不安な方は@ITの記事に沿って操作したほうがよいだろう。

FolderTypeに設定可能な値とテンプレートの対応は、以下のようになっているらしい。
FolderTypeに設定する値 対応するテンプレート
NotSpecified すべての項目
Contacts 連絡先
Documents ドキュメント
Pictures 画像またはビデオ
Music 音楽の詳細
MusicIcons ミュージック アイコン
動作を元に戻す場合はAllFolders以下を削除とのこと。

最終更新時間:2008年07月16日 08時46分20秒